カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 細かい話─カンタータの歌詞
投稿日: 2007/06/24(Sun) 15:27
投稿者葛の葉

ドイツ語がどうとか、聖書の背景がどうかと言う話ではありません。
もっと単純な話、カンタータの正しい歌詞とは何でしょうか。

たとえば、有名な82番の出だしは"Ich habe genug"なのか"Ich habe genung"なのか。

"Ich habe genug"とするもの
旧バッハ全集
バッハ事典
"Ich habe genung"とするもの
新バッハ全集
Bach Werke Verzeichnis (1998)
Dürr "The Cantatas of J.S.Bach"(カンタータの歌詞全てを掲載)
ヘンスラーの全集(カンタータの歌詞全てを掲載)

これだけ見ると勝負は明らかで、最近の資料は新バッハ全集に準拠していると言えます。
新バッハ全集にはファクシミリも少し付いていて、確かに"genung"と書かれています。

次に、40番は"Dazu ist erschienen der Sohn Gottes"なのか"Darzu ist erschienen der Sohn Gottes"なのか。

"Dazu ist erschienen der Sohn Gottes"とするもの
旧バッハ全集
バッハ事典

ここまで書くと、「やっぱり"darzu"か」と思いたくなりますが、実は新バッハ全集でも"Dazu ist erschienen der Sohn Gottes"となっています。

"darzu"は旧バッハ全集にも新バッハ全集にもないわけで、一体どこから来たのでしょうか?

"Darzu ist erschienen der Sohn Gottes"とするもの
Bach Werke Verzeichnis (1998)
Dürr "The Cantatas of J.S.Bach"
ヘンスラーの全集

新バッハ全集に準拠しているのかと思ったBWVやDürrの本や、新バッハ全集準拠をうたっているヘンスラーの全集も、実は必ずしもそうではないわけです。

カンタータの歌詞を掲載しているサイト、翻訳や対訳を載せているサイトは多数ありますが、その最も基本となる歌詞本文がいかなる典拠によるものなのか、少し気になるところです。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー