カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 始まりの2曲
投稿日: 2007/06/21(Thu) 14:45
投稿者旅の者

 第2年巻(コラールカンタータ年間)の始まりは、
 BWV20、2、7、135でしたが、
 第1年巻の始まりは、BWV75、76です。


 何と言ってもライプツィヒのデビューですから、相当気合が入っていたようで、異例の大作ですが、
 表の掲示板でSkunjpさんがおしゃっておられるように、
 第2年巻の各曲と比べると、多少散漫な気もします。

 第1年巻、第2年巻とも、気合満点なのですが、
 聴衆へのアピールを念頭においたある意味外的な意欲と、コラールカンタータを極めていこうという内的な意欲の差があるのかもしれませんね。

 BWV75、76は、どちらも、「14」曲からなります。
 これは、バッハの「自己紹介」とも言われてますが、そのために、わざわざこんなに長くしたのでしょうか。

 でも、続けて聴くと、確かにちょっと長いですが、
 なかなかよい曲もあり、傑作ではあります。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー