カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル BWV166、86
投稿日: 2007/05/20(Sun) 08:44
投稿者旅の者

 第1年巻の最後を飾る「定型カンタータ」。
 まず、はじめの2曲、BWV166とBWV86を聴いてみた感想を、書いておきます。


 <BWV166>

 レオンハルト盤を聴きました。

 冒頭聖句楽章は、(演奏のせいでしょうか)まるで、オーボエもバスも、のどかに散策してるようなアリア。何度も立ち止まってあたりを見渡すかのよう。
(歌詞は「あなたはどこに行くのか」)

 次のテノールアリアは、VnとObの二重奏が美しい!
 Vnパートは第三者の追加である可能性もあるようですが、これは、あった方が断然いい、と思いました。

 次は、いよいよオブリガート付コラール編曲。
 心地よいリズムのストリングス+bcにのって、コラールが歌われます。少し、足が速まった感じ。(足取りが確かになった?)

 そして、レチタティーボの後、いつもの明るい、一点の曇りも無い舞曲。これは、メヌエットでしょうか。美しい!


 <BWV86>

 全集盤をそのまま聴いたため、こちらはアーノンクール。

 聖句楽章は、五声のモテット。
 つくりは、完全に声楽のモテットなのですが、歌うのはバスだけ。他の声部は、2本のオーボエやストリングス等の器楽で奏されるため、ルネサンス風な感じがさらに強まって、すばらしい!
 思わずくりかえし何度も聴いてしまった。
 こういうのも、アリア、というのでしょうか。
 他にあまり例が無いと思いますが、もっと書いてくれればよかったのに。

 第2曲、アルト・アリアは、がらっとかわって、Vnが華々しくコンチェルトみたい。

 次のコラール編曲。今度のオブリガートは、2本のオーボエです。

 その後はまた、レチタティーボ、舞曲風アリアというパターン。
 アリアの伴奏は、Vnの合奏になりますが、さらに華麗になっています。


 * 両曲を通じての感想。
 
 以上のように、完全にパターンが同じなため、とても、聴きやすいのですが、(歌詞の内容が把握しやすい)
 これがずうっと毎週続くとなると、やはり少し困るかも。
 そのあたりから、「コラール・カンタータ」のあの鉄壁の型式が誕生したのかもしれません。

 あとは、中間のコラール編曲が、どちらもやはりすばらしいできばえで、
 いつも言うことですが、シュープラーコラール集に入れたくなるほどです。

 それから、やはりわたしは、最後に登場する舞曲アリアに惹かれますが、
 2曲では、だいぶ感じがちがいます。
 166の方は、優雅で、ある種超然としたあゆみを思わせ、
 86の方は、生き生きと飛び跳ねるような感じです。
 これは、ひとえに、指揮者の個性によるのかもしれません。
 ほんとうにおもしろい二人だ。


 なお、昇天節のBWV37については、
(わたしは、「定型カンタータ」の中ではこの曲が1番好きなので)
 これまでにかなり書いてきましたので、そちらをご参照ください。
 あと、残りは、今日のカンタータ、BWV44だけですね。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー