カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル コラールカンタータ年巻開始前夜の傑作定型カンタータ群
投稿日: 2007/05/14(Mon) 17:43
投稿者旅の者

 昨年の今頃は、ライプツィヒの2年目、ツィーグラー・シリーズについてばかり話題にしていましたので、
 今年は、ちょっと1年目に目を向けてみることにしました。


 まず、1724年春の、聖金曜日以降のカンタータ等のラインナップです。


  *    *    *

 聖金曜日
   ヨハネ受難曲第1稿

 復活節 (ケーテン等のパロディで対応)
   BWV66、134

 復活節後 (すべて新作)
   第1日曜 BWV67
   第2日曜 BWV104
   第4日曜 BWV166
   第5日曜 BWV86
   昇天節  BWV37
   第6日曜 BWV44

 聖霊降臨節 (未使用作品、ケーテン等のパロディで対応)
   BWV59、173、184

 三位一体節後、コラールカンタータ年巻(第2年巻)開始。

  *    *    *


 上記の曲目を見ると、傑作ばかりで、さすがコラール・カンタータ年巻開始前夜、
 と、いう感じです。(もちろん、ケーテンのパロディも含めて)

 ケーテンのパロディのカンタータについては、これまで、さんざん書いてきましたが、
 復活節後と聖霊降臨節の間に注目してみると、
 バッハはなんと6曲続けて渾身の新作を準備しています。

 BWV67、104は、いまさら何も書くまでも無いような、
 みなさんおなじみの名作で、投稿もたくさんありますが、
 それに続く4曲も、あまり目立たないながら、それらに負けないような作品だと思いますので、
 今回、これらの4曲を、集中的に聴いてみることにしました。


 実は、この4曲、コラール・カンタータの先取り、というわけではないでしょうが、
 4曲とも、ある一定の厳密なルールに従って作曲されています。

 すなわち、

 第1曲が、聖句そのものを歌詞とする合唱、アリア等、
 (1年後の同時期のツィーグラーの歌詞が聖句を多用していることと、何か関係ある?)

 中央に、オブリガート付のコラール編曲を置き、

 その間をいつものアリアやレチタティーボで埋める、

 と、いうルールです。

 バッハは、まるで何かの実験でもしているかのようで、とてもおもしろいです。


 それでは、1曲づつ聴いていくことにします。
 もし、これらの曲を聴いた方で、何か感想等あれば、ぜひお聞かせください。

 (つづく)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー