カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 器楽作品にきく寓意
投稿日: 2007/04/26(Thu) 11:08
投稿者アストロフェル

カンタータを集中的に聴いてから、協奏曲などにも寓意を感じることが多くなりました。端的に「ブランデンブルク」1046の「狩り」これは当然として、1049の「田園曲」1050の緩徐楽章に一種「受難」など、また「ヴァイオリンとチェンバロ」のソナタの「悲哀の尊厳」とも称すべき印象:実に哀切な作品が多いです。

さらにいろいろ聴きながらテクストがなんとなく聞こえてくる作品もあって「器楽」「声楽」「世俗」を云々せずとも、ある寓意性が存在する印象です。いかがでしょうか。アーノンクールが強調していました。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー