カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 104番
投稿日: 2007/04/21(Sat) 15:18
投稿者Skunjp

最近モーツァルトにかまけてカンタータはあまり聴いていませんが、旅の者さんのご紹介につられて104番を聴いてみました。

やはりとても心和む世界です。バッハのカンタータは本当に素晴らしい。演奏はリヒターで聴きました。

第一曲合唱から安らぎの世界が広がります。適正なテンポ。歌詞の意味するところが自然に湧き出すようです。

シュライアーはちょっと苦手なのでテノールアリアを飛ばしました。その後のバス、レチタティーボとアリアに感動!何という素晴らしい音楽、そして演奏。リヒターは深々とした豊かな和音をたっぷりと鳴らしますが、何といってもフィッシャー・ディースカウの歌唱が超絶的です。緻密で詳細、千変万化の表情、しかもそれが限りない自然さの中で展開される。

同CDに入っている108番のテノールアリアも、ヘフリガー追悼の意味で聴きました。決して器用ではないですが、真実味のこもった歌唱に感銘を受けました。ヘフリガーさんには残していただいた数多くの名唱に感謝したいです。とりわけマタイ…

その後で、飛ばしたシュライアーに戻りました。虚心に聴くと、これもまた達演でした(飛ばして悪いことをしました)。というわけで、お詫びにシュライアー、コープマンによるシェメッリ歌曲集を聴きました。簡素な曲故かいつもの演出臭がなく、楽しんで聴けました。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー