カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: 名曲中の名曲、BWV36
投稿日: 2006/12/07(Thu) 16:13
投稿者旅の者

 こうして見ると、おもしろいですね。
 この曲の不思議な統一感に、歌詞も大きく寄与している、ということが、よくわかります。
(できれば今後、他の曲についても、お願いしたいです) 

 ところで、奇数楽章の第1、3、5、7は、教会稿へまとめて変更された部分なので、筋がとおっているのもわかるのですが、驚いてしまうのは偶数楽章のコラールです。
 これらは、ルターやニコライのコラールの歌詞そのままなのに、おっしゃるように、きちんと収まっている。

 BWV36の歌詞作者は、不明とのことです。
 教会稿初稿と最終稿との間で、歌詞の変更があったかどうか、よくわかりませんが、いずれにしても、また、ピカンダーがからんでいるのではないか、と、わたしは疑っています。
(学術的根拠、まったく無し)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー