カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: 名曲中の名曲、BWV36
投稿日: 2006/12/07(Thu) 11:46
投稿者アンチリヒター

こじつけ気味ですが

第1,2,3,4曲
第5,6,7,8曲

さらに、
第1、2曲
第3、4曲
第5、6曲
第7、8曲

「起承転結」になっているという仮説。


奇数曲だけ訳してみました。
第1,3,5,7曲が「起承転結」になっているのだと、こじつけてみました。

1.
喜び勇みて 羽ばたき昇れ
高きにのぞむ 星辰に
いざ シオンの歓喜の声よ!
されどいらぬ 過ぎたる響き!
栄えの主こそ 近づけれ

(4行目は1,2行目に反する意味なので面白い。つまり、歓呼の声があまり遠くまで行き過ぎて、イエスの到来と行き違いになったら困るということですね。これが起承転結の「起」)

3.
やさしき歩みにて行くは「愛」なり
「父」のまこと受けるは「子」なり
「花婿」に魅せられた「花嫁」の如く
歩みて追うは「心」なり

(かなり、意訳です。ここは「愛」と「心」を擬人化するバッハの歌詞の得意なパターン。その二つが向かうのは御子なる主イエス。3は1に比して抽象的なるがゆえ、起承転結の「承」)

5.
迎えにあたう 宝をば
慕いて信ず わがこころ
備えしみ座の 清ければ
とどまり給え わがうちに

(七五調にしました。ここも「愛」と「信仰」が擬人化されている。この5の前に説教が入るから一応「転」ということにして下さい)

7.
くすみし声も 弱き音も
みいつの神を 称うるは
霊にあずかる 響きなれ
しかして叫び 天にみつ

(これも意訳。七五調。これは1と大意が似ているので一応「結」)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー