カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 名曲中の名曲、BWV36
投稿日: 2006/12/06(Wed) 18:17
投稿者旅の者

> 36番は遡ればケーテン時代の世俗カンタータ36cになるのですが、その後36bを経由してこのBWV36で、レチタティーヴォのかわりにコラール編曲が採用されました。

 この曲はバッハのお気に入りで、わかっているだけで、世俗カンタータに2回も転用されています。
 その1回目が、ケーテン侯妃誕生日用なので、(1726年、36a)そのせいか、解説等には、たまに「原曲はケーテン時代の世俗カンタータ」とされているものがあります。
 わたしも、あまり音楽が生き生きとしているので、はじめはケーテンのものとばかり思っていました。
 しかし、実際には、原曲(36c)は、ライプティヒ時代のバッハ全盛期、1725年の世俗カンタータのようです。
(まあ、それ以前にケーテンの原曲が存在する可能性はありますが)

 Skunjpさんの記事にもあるコラール編曲は、かなり後になってからの突然の大改作時(1731年)に付け加えられたもので、全部でなんと3曲。
 すべて、例によって、ルターのコラール、「いざきませ、異邦人の救い主よ」に基づくものです。
 メロディーは、もちろん同名の有名な賛美歌。

 つまり、生き生きとした世俗カンタータの合唱、舞曲アリアの間に、
 後期の深い作曲技法の投影されたコラール編曲がちりばめられているわけです。
 Skunjpさんがおっしゃるように、そのどちらも言葉にならないくらい美しく、しかもそれらが決して無理なく渾然一体となっている。
 まさに異色の超大作と言えるでしょう。

 それから、やはり歌詞がすばらしいですね。

> 喜び勇みて羽ばたき昇れ/いと高き星辰に向かいて/いざシオンの声音よ/されど遥けき響きはいらぬ/いまや栄光の主こそ近づけれ

 これは、アンチリヒターさんが書いてくださった訳詞ですが、
これを読みながら第1曲を聴いていると、思わず涙がこぼれそうになります。

 そして、さらに、
 中央にひときわまぶしくかがやいているのが、
 最初の教会稿の名残である、「明けの明星」のコラール。
(あのBWV1と同じ!)

 すっかり日も短くなり、寒さも厳しさを増してきて、
 クリスマスがほんとうに待ち遠しい今日この頃ですが、
 そんな今の季節に、まさにぴったりの一曲ではないでしょうか。

 わたしが聴いたのは、明るい舞曲、対位法的コラール、そのどちらでも見事に対応できるヘレヴェッヘのCD。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー