カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: カンタータ47番とスペインのバロックオルガン音楽
投稿日: 2006/10/17(Tue) 13:26
投稿者Skunjp

>  帰宅して確認したところ、
>  アーノンクール盤のオブリガートは、Vnでした。
>  となると、わたしは、むしろオルガン版の方を聴いたことが一度も無いのかもしれません。
>  リリングですか、また探さねば。


今朝も通勤途上で聴きました。やはり47番は名曲ですね。旅の者さんが紹介してくださらなければ、これに出会うのはずっと先だったかもしれません。大感謝です。

特に第一曲の合唱曲が素晴らしい。上行するテーマは「たかぶり」、下行するテーマは「へりくだり」を現し、それぞれが拮抗しあう、とても緊張感と密度の高い曲です。特に上行する通奏低音が長くゴリゴリとした旋律で盛り上がっていく様には興奮させられます。

ところで第二曲がバイオリンとはちょっとピンと来ません。オルガンでしか知りませんのでそう思えるのでしょうが…


>  スペイン、ポルトガルあたりのチェンバロはよく聴きますが、オルガンというのは、まったく聴いたことがありません。
>  これはぜひ、自分の耳で確かめねば。

西山まりえさんですね。チェンバロは。あれは昔よく聴きました。

オルガンはまただいぶ印象が違って、スペインの幻想性が良く出ています。

カベソン、アラウホ、カバニーリェスとつながっていく系譜ですね。特にカバニーリェスは面白いです。これもバッハに続いて通勤中に聴いていたら…、まあ、朝の音楽ではないですね。会社に行きたくなくなりましたので。これは神秘的な夜の音楽です。


・カバニーリェス/第4旋法によるティエント
・ 同/第6旋法によるティエント
・ 同/第7旋法によるティエント
・ 同/第2旋法によるティエント
・ 同/第1旋法によるパッサカーリャ
・ 同/第1旋法によるパセオ
・ 同/第4旋法によるティエント
・ 同/第5旋法によるティエント
・ 同/第8旋法によるティエント
・ 同/第5旋法によるティエント
・ 同/第5旋法によるティエント 76'49"

サンドロ・ミュラー(Org) 95年録音 CYBELE - 20.104


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー