カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル BWV149、95
投稿日: 2006/10/02(Mon) 15:34
投稿者旅の者

* ミカエルの祝日のカンタータ

 レオンハルトのBWV149、わたしも聴いてみました。
 この曲は、ピカンダーの歌詞からして感謝の気持ちを前面に押し出したもので、ほんとうに収穫祭にぴったりの「楽しい」音楽です。

 レオンハルトも、あいかわらず、すごい。
 特に何も強調していないのに、曲本来の輝かくばかりの「喜ばしさ」、「楽しさ」が、そのまま伝わってきます。

 ただ、第3曲のアリア、少年の歌も純真ですばらしいのですが、これに関しては、女声のものも聴きたいところです。


* 第16日曜のカンタータ

 他には、リリングのBWV95を聴きました。

 あらためて、リリングに脱帽。
 冒頭合唱など、BWV8のあの合唱に決して負けないくらい、神々しい音楽に聴こえます。

 そして、端川さんのアリア集の投稿にも登場したばかりの、オジェー!!

 このカンタータは、4曲もの異なるコラールを使った妙な曲で、ソプラノが歌う第3曲も、美しいオーボエのオブリガートがついてはいますが、コラールそのままです。

 つまり、ここでのオジェーは、単にコラールを歌っているだけなのですが、
堂々としてまっすぐなその歌声を聴いていると、アリア以上にいろいろな思いが伝わってきて、胸がいっぱいになってしまいます。

 それにしても、ほんとに、シュープラー・コラール集にいれたくなるような名曲です。
 これについては、演奏によって、曲のよさをあらためて思い知らされた、というところでしょうか。

 まさしく、「名曲の名演」。


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー