カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^6: アリア集の楽しみ
投稿日: 2006/10/01(Sun) 13:24
投稿者端川哲堂


>
>  しかも、オジェーのには、BWV127まではいってます。(感涙)
>  

オジェーといえば、もうひとつアリア集がありました。「バッハ、ヘンデル アリア集」というタイトルのものです。

これにはバッハから、
BWV209(第3曲)、「ビスト・デュ・バイ・ミール」(シュテルツェル作)、202(第1曲)、202(第7曲)、244(第8曲)、244(第13曲) の6曲と、
ヘンデルからオペラとオラトリオのアリア8曲
が収録されています。

バッハの教会カンタータのアリアが1曲も入っていないので、おすすめ、というわけではなく、こんなのもある、という紹介です。

とはいっても、オジェーの歌はいつものことながら、すばらしく、ヘンデルのアリアも聴き応えがあります。

リリングのカンタータから抜粋したアリア集のCDでは、若いころのオジェーの写真が使われていました。ちょっとヤンキーな感じで、振り返って笑っている写真です。

上記では、すっかり大歌手になって、貫禄のついた写真がCDをかざっています。

ちなみにこのCDでの共演オケは、モストリー・モーツァルト・オーケストラ、指揮はジェラード・シュヴァーツというひとです。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー