カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: チェンバロはお好きですか?
投稿日: 2006/09/26(Tue) 14:06
投稿者Skunjp

> ピノックといえば、イングリッシュ・コンソートの指揮者としてはどうしているのでしょうかね。
> イギリス古楽御三家のガーディナー、ホグウッド、ピノック(ロバート・キングも加えて御四家)のうち、ガーディナーだけは活動ぶりが伝わってきていますが、他のひとたちはどうしているのか。
>わたしは嫌いではなかったので、最近CDも見かけないのは残念です。

旅の者さん、古い書き込みを蘇生させていただき有り難うございます。こういう所がテーマ別掲示板の醍醐味でしょうか。葛の葉さんの得意げな顔が目に浮かびます。…なんちゃって (^_^;)

さて、武久源造さんですが、私も生のレクチャーコンサートを聴きました。演奏も流暢ならトークも非常に流暢でユーモアにあふれ、とても面白かったです。この人の演奏には超人的な集中力と音楽性とともに、卓抜なユーモアが音楽の基本にあるような気がします。

鈴木雅明さんは指揮者としても世界一流ながら、チェンバロ奏者としても超一流ですね。堂々とした構築的でスケールの大きい正攻法の演奏で、その反面、音楽の細かい情報量も凄いです。しかも夢見るような幻想性にも欠けず、それがパルティータ、フランス組曲などの名演につながっていると思います。

それからピノックですが、演奏家としては活動しているのでしょうが、それが華々しい話題とは違う所の活動なので、なかなかCDにはならないのでしょうね。

しかし、このところの収穫としてはヘンスラーのパルティータ全集、それにポッジャーとのヴァイオリンソナタのチェンバロが出ています。両方とも得難いベテランの深い味わいで聴かせます。この人は地味ながら研鑽を積んでいますね。それから数年前は、マタイ受難曲を日本でやって好評だったと聞きます。

ホグウッドも素晴らしですが、最近はクラヴィコードに凝っているようで、数年前にクラヴィコードによるバッハ小品集を出しました。私はもうひとつ真価が判りませんでした。この人、バッハはそれほど好きではないようです。何でもバッハよりヘンデルの方が好きらしいとか…。この人のフランス組曲、それにL・クープランは絶品ですね。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー