カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル コープマン全集完結とBWV80(前)
投稿日: 2006/09/08(Fri) 18:05
投稿者飛び入り者

久しぶりの書き込みになります。

旅の者さんも書かれているように、コープマンの全集が完結しましたね。いつかは全集一括の形での発売があるのかもしれませんが、各巻が出るたびに買い進めてきた私は、さっそく店頭に並んでいた最後の2巻を購入しました。

2巻のうち、まず聞いたのは、知名度の高いBWV80。やはり、何度聞いてもいい曲です。しかも、ヴィルヘルムによる編曲がおまけとしてついていたのがうれしかったです。

80番に付加されたトランペットとティンパニ、葛の葉さんがサイトの解説で書かれているように、まさに「曲の構造を見えにくくし」「邪魔」だとは思うのですが、私は(最初にリヒターの演奏ででこの作品に触れたせいかと思いますが)実はこれが大好きなのです。

大バッハも、作品によっては再演時に金管を強化していたりするので、ありえたかもしれず、一種の異稿のように考えればいいので、そんなに継子扱いすることもないのでは、と一時は思ったこともあるのですが、BCJの80番のCDにあった解説を読むと、ライプツィヒとヴィルヘルムがいたハレとの状況の違いから、親父もこんな編曲はしなかっただろうということがわかり、ちょっと寂しく思っていました。

そうしたところ、今回、ヴィルヘルムの編曲を、しかも旧全集のように80番に当てはめるのではなく、ちゃんと本来のラテン語の詞の曲という筋の通った形で録音してくれていたので、「コープマンさんありがとう!」といいたくなりました。

長くなったので2つのわけることにします。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー