カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 136番はセゾクの匂い?
投稿日: 2006/08/04(Fri) 17:58
投稿者Skunjp

> *「ローン・レンジャー」という昔のテレビ番組で、主人公が馬を駆って登場、愛馬に「ハイヨー、シルバー」と呼びかけるシーン。
> 番組ではロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」が使われていました。


なつかしいですねー。「ハイヨー、シルバー」。

この番組ですが、内容等はすっかり忘れているのに、あの音楽と登場の場面だけは鮮烈に覚えています。…それから子供心に「ハイヨー」とはどんな意味なのかなー、という疑問がずっとありました。単なるかけ声なんですね。



ところで、今朝は136番を聴きました。

「神よ、わたしを究め、わたしの心を知ってください」という歌詞の内容は、「私の心に間違った思いがあったら悔い改めへと導いてください」という、本来は厳粛なものです。

しかし第一曲の喜びにはじけるような音楽は何でしょう?

魅力的な音楽ですが、どうも私には歌詞と音楽がミスマッチのような気がしてなりません。どこか世俗カンタータの匂いもしますが、案の定、調べてみると世俗カンタータからの転用の可能性があるようですね。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー