カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 始まりの4曲(やりなおし)
投稿日: 2006/06/25(Sun) 14:37
投稿者旅の者

 ごめんなさい。ちゃんとやりなおしました。あー、恥ずかしい。

 「コラールカンタータ年巻」を、順番に聴き進めていくと、不思議なことに気づきます。
 まあ、よく知られていることではありますけれど、冒頭合唱のコラール定旋律を歌う声部が、段々と下がってくるのです。

 はじめのBWV20では、いつものようにSでしたが、BWV2ではA、BWV7ではついにTになります。
(今年は暦の関係で、1日ちがいでAとTが逆になってしまいました。来週のBWV135はもちろんBです)

 BWV7、定旋律がテノールで、まるで、ルネッサンスのミサのようですが、この曲は最新のコンツェルト、しかも情景描写。
 ヨルダン川の壮大な情景です。
(バッハは、けっこう川とか湖の描写を得意としていて、好きなようです)
 古様式なのはむしろ、BWV2や135の方で、こうしてみると、実にバラエティに富んでいます。

 くわしくは書けませんが、この4曲には、他にもいろいろと関連したしかけがありますので、みなさん、お聴きになって探してみてください。

 これらの様々な試みは、Skunjpさんにご紹介いただいたBWV20冒頭の序曲と同じく、
バッハが「コラールカンタータ年巻」の作成に着手した決意の現われだと言われていますが、はたしてどうでしょうか。

 この4曲の「序章」の次には、
コラールカンタータのはじめの最高峰、BWV10、93が、いきなり登場します。
 この2曲は、バッハ自身もお気に入りで、最晩年のシュプラーコラール集への編曲でも有名です。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー