カンタータ掲示板(テーマ別)

[リストへ戻る] [テーマ一覧] [新着記事] [記事検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 旅の者さま
投稿日: 2012/12/26(Wed) 19:42
投稿者ketsuro8da

ご回答ありがとうございました。なるほど、エマーヌエルの筆跡による「オラトリオ」の記入が根拠なのですね。ひとつ勉強になりました。
バッハにとっては「カンタータ」だとか「オラトリオ」だとか関係なかったのですね。それにしても「大量生産」した作品のほとんどが名作として後世の人たちに受け入れられたと言うことは、やはり凄いことであり、凡人にはなしえなかったことですね。
話題は変わりますが、ルター派教会のカントールであったバッハが「ミサ曲ロ短調」というカトリックの典礼に基づく作品を書いたのは何故でしょうか。まさか生活のためとも思えません。何か創価学会の幹部が念仏に関する著作を書いたというような違和感をおぼえます。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
URL
暗証キー (記事削除・修正用、英数字8文字以内)
  プレビュー
↑画面先頭へ

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー