[リストへもどる]
新着記事

タイトル思います。
記事No1361   [関連記事]
投稿日: 2019/07/15(Mon) 18:00
投稿者思います。
URLhttp://www.keevoo.com/
www.keevoo.com/brand-731.html シュプリーム コピー 半袖Tシャツ 端川哲堂さん、ありがとうございました。
通奏低音にチェンバロを使っている「マタイ」は、これまでも聞いたことがありますが、それも「42年版」だったのでしょうかね。
34・35曲については、今度じっくりと聞き比べてみようと思います。

タイトルRe: 37代トーマス・カントールは誰になるでしょうか?
記事No1306   [関連記事]
投稿日: 2016/06/08(Wed) 18:32
投稿者kenchanrui
 結局、現在 臨時のトーマス・カントール を勤めている Schwarz氏 になったようです。4回の候補者の実演はなんだったんでしょうか。分かりません。

タイトル37代トーマス・カントールは誰になるでしょうか?
記事No1300   [関連記事]
投稿日: 2015/08/25(Tue) 21:13
投稿者kenchanrui < >
36代のトーマス・カントールのGeorg Christoph Biller氏が 2015年3月に辞任し、現在はSchwarz氏が臨時のトーマス・カントールを務めております。2016年6月末迄だそうです。やっと次期カントールの候補者が4名決まったようです。誰になるでしょうか。

Markus Teutschbein(*1971), Leiter der knabenkantorei Basel
2015年11月9日-15日トーマス教会で実演

Clemens Flämig(*1976),Chordirektor des Stadtsingecho zu Halle
2016年1月11日-17日トーマス教会で実演

Markus Johannes Langer(*1971), Kantor an der St.-Johannis-kirche Rostock und Leiter des Rostocher Motettechores
2016年1月25日-31日トーマス教会で実演

Matthis Jun(*1964), Leiter des Sächsischen Vocalensembles und des Knabendchors Dresden
2016年4月11日-17日トーマス教会で実演

皆様、予測がつきますか。私は全く分かりません。

タイトルRe^2: ライプチヒでバッハ情報の取り方等
記事No1299   [関連記事]
投稿日: 2015/04/20(Mon) 16:42
投稿者Kenji Shirai < >
> >  ライプチヒで働いており、トーマス教会のモテッテを聴きに行くのですが、それ以上の情報が入りません。情報入手の仕方、尋ねる人等を教えて頂きたいのでが。ドイツ語はあまり出来ません。
>
>  Kenji Shiraiさん、わたしにもまったくわからず、お答えできず申し訳ありません。
>  もし情報をお持ちの方がいらっしゃったら、よろしくお願いいたします。
>
>  ただ、こちらは日本語による日本のサイトですので、もし現地にいらっしゃるのなら、ライプツィヒの情報は何とか現地で入手していただくのが一番手っ取り早く、まちがいないような気がします。
それなりに情報収集しているのですが、情報量が非常に少ない。どうしてもドイツ語の壁に遮られます。何とか突破したいのですが。

タイトルRe: ライプチヒでバッハ情報の取り方等
記事No1298   [関連記事]
投稿日: 2015/04/20(Mon) 13:04
投稿者旅の者
>  ライプチヒで働いており、トーマス教会のモテッテを聴きに行くのですが、それ以上の情報が入りません。情報入手の仕方、尋ねる人等を教えて頂きたいのでが。ドイツ語はあまり出来ません。

 Kenji Shiraiさん、わたしにもまったくわからず、お答えできず申し訳ありません。
 もし情報をお持ちの方がいらっしゃったら、よろしくお願いいたします。

 ただ、こちらは日本語による日本のサイトですので、もし現地にいらっしゃるのなら、ライプツィヒの情報は何とか現地で入手していただくのが一番手っ取り早く、まちがいないような気がします。

タイトルライプチヒでバッハ情報の取り方等
記事No1297   [関連記事]
投稿日: 2015/04/10(Fri) 20:40
投稿者Kenji Shirai < >
 ライプチヒで働いており、トーマス教会のモテッテを聴きに行くのですが、それ以上の情報が入りません。情報入手の仕方、尋ねる人等を教えて頂きたいのでが。ドイツ語はあまり出来ません。

タイトル創造というのは、意識を集中し
記事No1279   [関連記事]
投稿日: 2014/06/16(Mon) 10:55
投稿者果てしない深い < >
URLhttp://www.gofashions.org/
創造というのは、意識を集中し、潜在意識を働かせて深く考え続けるという苦しみの中から、ようやく生まれ出るものだ。決して単なる思いつきや生半可な考えから得られるものではない。

タイトルRe^2: 本年もよろしくお願い申し上げます。
記事No1256   [関連記事]
投稿日: 2013/01/05(Sat) 20:10
投稿者ketsuro8da
葛の葉さま
これ面白いでしょう?
演奏に合わせて手書きの楽譜が出てくるのがミソです。これバッハの手書きの楽譜なんでしょうか。
このサイトでは、ロ短調ミサ曲とゴルトベルク変奏曲だけで、残念ながらカンタータは登場しません。

以下はヘルムート・リリングがロ短調ミサ曲の解説と指揮をしています。バッハがバックと聞こえるのは英語読みだからでしょうか。

http://oregonbachfestival.com/digitalbach/discovery/bminor/bm1/
これはキリエの部分です。

タイトルRe: 本年もよろしくお願い申し上げます。
記事No1255   [関連記事]
投稿日: 2013/01/05(Sat) 10:57
投稿者葛の葉
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

> htt
p://oregonbachfestival.com/digitalbach/bminor/

これ
は面白いサイトですね。窓とかドアとか、色々クリックする場所が
あって、まるで探検のゲームみたいです。オレゴン大学というのは
、ヘルムート・リリングが関わりを持っていて、CDの全集にも演
奏が入っていますね。ここで聴けるミサ曲ロ短調もやはりリリング
指揮のものですね。

タイトル本年もよろしくお願い申し上げます。
記事No1253   [関連記事]
投稿日: 2013/01/01(Tue) 19:52
投稿者ketsuro8da
いつも懇切なアドバイスをいただきましてありがとうございます。とても参考になります。
さて、ちょっとおもしろいサイトを見つけました。ミサ曲ロ短調をクリックして、イントロデュースが終わった時点で、たとえばキリエをクリックすると、演奏に合わせてバッハの自筆譜面が現れて次々と表示されます。

http://oregonbachfestival.com/digitalbach/bminor/

私はスコアを読めるわけではありませんが、とてもおもしろいです。是非ご覧ください。
これはオレゴン大学のサイトなのですが、上にあるCuepointsを押してから、右のVideo Introductionをクリックすると詳細な操作方法が表示されます。