[リストへもどる]
一括表示
タイトル聖霊降臨節のカンタータ一覧
記事No803
投稿日: 2007/05/27(Sun) 01:19
投稿者旅の者
 聖霊降臨節のカンタータは、
 基本的に、初夏のさわやかな季節を彩る、魅力的な音楽ばかり。
 第1日のものは、祝日らしい華やかさにあふれ、
 第2、第3日になるにつれ、
 牧歌的な雰囲気が色濃くなっていきます。

 いつものように、他の目的で作成したものの流用ですが、よろしかったらご参照ください。

(注) 2年目の作品は、ツィーグラー・シリーズになります。



 【精霊降臨節第1日(5月27日)】


  初期(1714)
    BWV172 「歌よ、響きわたれ!」

    * 初期の大作。自信作らしく、何度も再演された。
      3本のトランペットが活躍する豪華なアリア、
      穏やかで静謐なコラール付アリア、
      (オブリガートはorg版とob版2種類あり)
      など、聴きどころが多い。


  1年目(1724)
    BWV59 「もし私を愛するならば」

    * ヴァイマール時代?すでに作曲されていた未使用曲。
      次にあげる名作、BWV74の原型。
      BWV74に比べ、小規模で、未完成の感があるが、
      名アリア「いらしてください」のバス版(オブリガートもVn)が、
      聴ける。


  2年目(1725)
    BWV74 「もし私を愛するならば」

    * 前期BWV59を改作、発展させた、
      この祭日にふさわしい大作。
      大作ながら、一番印象的なのは、
      カンタータ中、最も短いと言われる、
      可憐なソプラノアリア。(オブリガートはOb)
      「いらしてください。私の心は、開かれています」と、
      歌いだし、
      「アイ・ラブ・ユー」と続く歌詞も、
      ストレートでめずらしい。


  後期(1746、7?)
    BWV34 「おお、永遠の炎、愛の源よ」

    * 原曲はケーテン時代の世俗カンタータ。
      バッハの最後のカンタータの一つ。
      合唱、アリアともに、
      全カンタータの中でも最高峰の名作。
      


 【精霊降臨節第2日(5月28日)】


  1年目(1724)
    BWV173 「高くかかげられし血肉よ」

    * アリア、合唱はすべて、
      ケーテンの世俗カンタータBWV173aが起源の、
      魅力あふれる舞曲。
      つまり、復活節のBWV134、66などと同じ。


  2年目(1725)
    BWV68 「神はこれほどまでに世を愛して」

    * 冒頭合唱はシチリアーノ。
      アリアはすべて、名作、「狩のカンタータ」が起源。
      中でもソプラノアリアは、
      パロディ手法が際立っており、
      ソプラノパートが大幅に改変された上に、
      vcpのパートが付け加えられ、その後、
      Vn、Ob、Vcpの器楽リトルネッロが続く。


  後期(1729)
    BWV174 「我、いと高き者を」

    * 後期の魅力あふれるピカンダーカンタータの一つ。
      例によって、器楽シンフォニア付。
      この曲の場合は、ブランデンブルク第3番の1楽章。
      これは、ホルンとオーボエを加えた豪華バージョン。
      続くアリアも美しい。



 【精霊降臨節第3日(5月29日)】


  1年目(1724)
    BWV184 「待ちこがれた喜びの光」

    * 夢見るように美しいレチタティーボに続き、
      ここでも、ケーテンの世俗カンタータ起源の、
      すばらしい舞曲アリア、合唱が登場。
      第2曲のパストラーレ、終曲のガヴォットが美しい。
      ガヴォットは、バッハ自身もお気に入りで、
      この他にも、別の世俗カンタータに転用されたのち、
      最後にクリスマス・オラトリオ第5部の冒頭合唱に
      落ち着きました。


  2年目(1725)
    BWV175 「彼は、自分の羊の名を呼ぶ」

    * ここにも、BWV173aからの舞曲アリアが登場。
      また、3本のリコーダーが活躍するアリアなど、
      このあたりになると、かなり牧歌的。

タイトルRe: 聖霊降臨節のカンタータ一覧
記事No804
投稿日: 2007/05/27(Sun) 17:06
投稿者端川哲堂
>  聖霊降臨節のカンタータは、
>  基本的に、初夏のさわやかな季節を彩る、魅力的な音楽ばかり。
>  第1日のものは、祝日らしい華やかさにあふれ、
>  第2、第3日になるにつれ、
>  牧歌的な雰囲気が色濃くなっていきます。
>

一日早いですが、第2日目用のBWV68と173を聴きました。

BWV68の冒頭合唱は、バッハの数あるシチリアーノのなかでも屈指の曲だと思います。
器楽合奏にコーラス複雑にからむ、という構成になっていますが、何度くりかえして聴いてもあきません。コラール旋律がふっと聞こえてきるところは、涙がでるくらいです。
これはレーシンク盤。

BWV173は久しぶりにLPのほこりをはらって聴きました。
ヴィンシャーマンのドイッチェ・バッハ・ゾリステン。
ソプラノ:コトルバス、アルト:ハマリ、テノール:エクイルツ、バス:プライと豪華メンバーです。

第3曲のアルトアリアは短いものですが、緊張感の高いすばらしいものです。
第4曲のデュエットは有節歌曲というのでしょうか、1番をバス、2番をソプラノがそれぞれソロで歌い、3番はデュエットで、という形式です。ちょっとカラオケのデュエット曲に似た構成ですね。

タイトルBWV173
記事No806
投稿日: 2007/05/28(Mon) 11:58
投稿者旅の者
 これはまたすごそうな録音ですね。

> 第3曲のアルトアリアは短いものですが、緊張感の高いすばらしいものです。

 そう言えば、この曲も短いですね。
 この旋律は、バッハお得意のもので、あちこちで聴きます。

> 第4曲のデュエットは有節歌曲というのでしょうか、1番をバス、2番をソプラノがそれぞれソロで歌い、3番はデュエットで、という形式です。ちょっとカラオケのデュエット曲に似た構成ですね。

 声部が増えていくにつれて、楽器の伴奏も技巧的になってどんどんもりあがっていき、おもしろいですね。
 めずらしいパターンなんじゃないでしょうか。