[リストへもどる]
一括表示
タイトル名曲中の名曲、BWV36
記事No553
投稿日: 2006/12/06(Wed) 18:17
投稿者旅の者
> 36番は遡ればケーテン時代の世俗カンタータ36cになるのですが、その後36bを経由してこのBWV36で、レチタティーヴォのかわりにコラール編曲が採用されました。

 この曲はバッハのお気に入りで、わかっているだけで、世俗カンタータに2回も転用されています。
 その1回目が、ケーテン侯妃誕生日用なので、(1726年、36a)そのせいか、解説等には、たまに「原曲はケーテン時代の世俗カンタータ」とされているものがあります。
 わたしも、あまり音楽が生き生きとしているので、はじめはケーテンのものとばかり思っていました。
 しかし、実際には、原曲(36c)は、ライプティヒ時代のバッハ全盛期、1725年の世俗カンタータのようです。
(まあ、それ以前にケーテンの原曲が存在する可能性はありますが)

 Skunjpさんの記事にもあるコラール編曲は、かなり後になってからの突然の大改作時(1731年)に付け加えられたもので、全部でなんと3曲。
 すべて、例によって、ルターのコラール、「いざきませ、異邦人の救い主よ」に基づくものです。
 メロディーは、もちろん同名の有名な賛美歌。

 つまり、生き生きとした世俗カンタータの合唱、舞曲アリアの間に、
 後期の深い作曲技法の投影されたコラール編曲がちりばめられているわけです。
 Skunjpさんがおっしゃるように、そのどちらも言葉にならないくらい美しく、しかもそれらが決して無理なく渾然一体となっている。
 まさに異色の超大作と言えるでしょう。

 それから、やはり歌詞がすばらしいですね。

> 喜び勇みて羽ばたき昇れ/いと高き星辰に向かいて/いざシオンの声音よ/されど遥けき響きはいらぬ/いまや栄光の主こそ近づけれ

 これは、アンチリヒターさんが書いてくださった訳詞ですが、
これを読みながら第1曲を聴いていると、思わず涙がこぼれそうになります。

 そして、さらに、
 中央にひときわまぶしくかがやいているのが、
 最初の教会稿の名残である、「明けの明星」のコラール。
(あのBWV1と同じ!)

 すっかり日も短くなり、寒さも厳しさを増してきて、
 クリスマスがほんとうに待ち遠しい今日この頃ですが、
 そんな今の季節に、まさにぴったりの一曲ではないでしょうか。

 わたしが聴いたのは、明るい舞曲、対位法的コラール、そのどちらでも見事に対応できるヘレヴェッヘのCD。

タイトルRe: 名曲中の名曲、BWV36
記事No555
投稿日: 2006/12/07(Thu) 10:38
投稿者Skunjp
>  それから、やはり歌詞がすばらしいですね。
>
> > 喜び勇みて羽ばたき昇れ/いと高き星辰に向かいて/いざシオンの声音よ/されど遥けき響きはいらぬ/いまや栄光の主こそ近づけれ
>
>  これは、アンチリヒターさんが書いてくださった訳詞ですが、
> これを読みながら第1曲を聴いていると、思わず涙がこぼれそうになります。
>
>  そして、さらに、
>  中央にひときわまぶしくかがやいているのが、
>  最初の教会稿の名残である、「明けの明星」のコラール。
> (あのBWV1と同じ!)
>
>  すっかり日も短くなり、寒さも厳しさを増してきて、
>  クリスマスがほんとうに待ち遠しい今日この頃ですが、
>  そんな今の季節に、まさにぴったりの一曲ではないでしょうか。


本当に、仰るとおり歌詞が素晴らしいです!

そして真ん中のあのコラール。

私はこれを聴いて、早くクリスマス・オラトリオを聴き始めたいなと思っております。

12/25を待たずに聴いてしまうかもしれません。(笑)

タイトルRe^2: 名曲中の名曲、BWV36
記事No556
投稿日: 2006/12/07(Thu) 11:46
投稿者アンチリヒター
こじつけ気味ですが

第1,2,3,4曲
第5,6,7,8曲

さらに、
第1、2曲
第3、4曲
第5、6曲
第7、8曲

「起承転結」になっているという仮説。


奇数曲だけ訳してみました。
第1,3,5,7曲が「起承転結」になっているのだと、こじつけてみました。

1.
喜び勇みて 羽ばたき昇れ
高きにのぞむ 星辰に
いざ シオンの歓喜の声よ!
されどいらぬ 過ぎたる響き!
栄えの主こそ 近づけれ

(4行目は1,2行目に反する意味なので面白い。つまり、歓呼の声があまり遠くまで行き過ぎて、イエスの到来と行き違いになったら困るということですね。これが起承転結の「起」)

3.
やさしき歩みにて行くは「愛」なり
「父」のまこと受けるは「子」なり
「花婿」に魅せられた「花嫁」の如く
歩みて追うは「心」なり

(かなり、意訳です。ここは「愛」と「心」を擬人化するバッハの歌詞の得意なパターン。その二つが向かうのは御子なる主イエス。3は1に比して抽象的なるがゆえ、起承転結の「承」)

5.
迎えにあたう 宝をば
慕いて信ず わがこころ
備えしみ座の 清ければ
とどまり給え わがうちに

(七五調にしました。ここも「愛」と「信仰」が擬人化されている。この5の前に説教が入るから一応「転」ということにして下さい)

7.
くすみし声も 弱き音も
みいつの神を 称うるは
霊にあずかる 響きなれ
しかして叫び 天にみつ

(これも意訳。七五調。これは1と大意が似ているので一応「結」)

タイトルRe^3: 名曲中の名曲、BWV36
記事No558
投稿日: 2006/12/07(Thu) 16:13
投稿者旅の者
 こうして見ると、おもしろいですね。
 この曲の不思議な統一感に、歌詞も大きく寄与している、ということが、よくわかります。
(できれば今後、他の曲についても、お願いしたいです) 

 ところで、奇数楽章の第1、3、5、7は、教会稿へまとめて変更された部分なので、筋がとおっているのもわかるのですが、驚いてしまうのは偶数楽章のコラールです。
 これらは、ルターやニコライのコラールの歌詞そのままなのに、おっしゃるように、きちんと収まっている。

 BWV36の歌詞作者は、不明とのことです。
 教会稿初稿と最終稿との間で、歌詞の変更があったかどうか、よくわかりませんが、いずれにしても、また、ピカンダーがからんでいるのではないか、と、わたしは疑っています。
(学術的根拠、まったく無し)

タイトルRe: 名曲中の名曲、BWV36
記事No559
投稿日: 2006/12/07(Thu) 23:22
投稿者端川哲堂
> > 36番は遡ればケーテン時代の世俗カンタータ36cになるのですが、その後36bを経由してこのBWV36で、レチタティーヴォのかわりにコラール編曲が採用されました。
>

原曲のBWV36cを聴きました(シュライヤー盤)。
第7曲のソプラノアリアには、気になる楽器ヴィオラダモーレのオブリガートがあります。かなり元気のいい演奏です。せっかく柔らかい音色の楽器なので、もうすこしやさしい弾き方でもよかった、と思いました。

そのあとにBWV36を聴きました(ガーディナー=アルヒーフ盤)。
レチタティーヴォのかわりにコラールが挿入された、というかたちになっていますが、やはりコラールが入ると曲全体が引き締まる感じがします。歌唱や楽器の編成はそう変わらないのですが。

ただ、第7曲のソプラノアリアでは普通のヴァイオリンがオブリガートをつけています。
このときはヴィオラダモーレ奏者がいなかった(というか楽器がなかった)のでしょうか。

タイトルRe^2: 名曲中の名曲、BWV36
記事No560
投稿日: 2006/12/08(Fri) 00:37
投稿者旅の者
 教会稿の楽器指定は、わたしのメモでは、弱音器付きヴァイオリンとなっています。
 歌詞の「弱き音」に対応してのものだと思われます。
 ヴィオラダモーレの指定は、36cだけなのでしょう。
 
 わたしは、36cは聴いたことがありません。
 ヴィオラダモーレ、聴いてみたいですね。
 歌詞はだいぶちがうのでしょうか。

タイトルRe^3: 名曲中の名曲、BWV36
記事No561
投稿日: 2006/12/08(Fri) 16:14
投稿者Skunjp
>  教会稿の楽器指定は、わたしのメモでは、弱音器付きヴァイオリンとなっています。
>  歌詞の「弱き音」に対応してのものだと思われます。


弱音器付きVnでしたか。

確かにヘレヴェッヘ盤では、抑制された穏やかな音がしていました。

しかしラミン盤は弱音器はつけていないように聞こえます。これはこれで説得力は高いのですが…。

思うにカンタータの解釈は、指揮者によってソロなのに合唱で歌わせたり、その逆もあったり、オブリガート楽器を他の楽器に変更したりとか、割と自由にやられているような気がします。



端川さんが例に出された36cも聴いてみたいですね。

シュライアーといえば、私の場合、歌よりも指揮の方が気に入っています。

先日もルター派ミサ曲集とマニフィカトを聴きましたが、独特の解釈をしています。

モダン楽器のモダン奏法なんですが、ピリオド奏法的な発想も取り入れているのか、テンポが素っ気ないほど速く、表情もかなりクールです。

でも私は、ソフィストケイトされてとんがっている所を非常に面白く聴きました。

それに、歌手の扱いはさすがだと思いました。

タイトルRe^3: 名曲中の名曲、BWV36
記事No562
投稿日: 2006/12/08(Fri) 18:58
投稿者端川哲堂
>  教会稿の楽器指定は、わたしのメモでは、弱音器付きヴァイオリンとなっています。
>  歌詞の「弱き音」に対応してのものだと思われます。
>  ヴィオラダモーレの指定は、36cだけなのでしょう。
>
弱音器付きヴァイオリンですか、それは知りませんでした。

以下はまったく根拠のない想像です。
バッハは教会稿でもヴィオラダモーレを使いたかったけれども、改作をした時期にはあいにく手近に奏者がいなかった(または楽器がなかった)、そこで少しでもヴィオラダモーレの音色に近づけるため、ヴァイオリンに弱音器をつけるように指定したのではないでしょうか。

バッハの時代でもすでにヴィオラダモーレは過去の楽器になりつつあったのでしょうから、楽器そのものも弾くひとも少なくなってきてたのでは、と思います。

BWV152、245、36c、205が作曲された時期には、たまたま周辺に弾くひとがいたのでしょうか、そしてそれを生かすようにヴィオラダモーレをオブリガートに使う曲を作ったのでしょうか。

それらのヴィオラダモーレを演奏したひとびととはどのようなひとだったのでしょうか、
腕ききの奏者が、
♪ヴィオラダモーレ一梃サラシにまいて〜
と渡って歩いてきたのを起用したのかもしれませんね。
 

タイトルRe^3: 名曲中の名曲、BWV36
記事No563
投稿日: 2006/12/08(Fri) 20:58
投稿者端川哲堂

>  
>  わたしは、36cは聴いたことがありません。
>  ヴィオラダモーレ、聴いてみたいですね。
>  歌詞はだいぶちがうのでしょうか。

36cは、ある年配の学校の先生の誕生日を祝うもの、ということですので、全体の内容はぜんぜん異なっているようです。

ただ、第1曲は1・2行目の、第3、第7曲は1行目の歌詞のみほぼ教会稿と共通です。第5曲はまるきりちがいます。

わたしのもっているシュライヤーのCDは国内盤なので、日本語訳の歌詞が付いていますが、これが例の高踏的な訳でわかりづらいです。
それでも第1曲は、アンチリヒターさんご指摘のように、5行目が1・2行目と反するような意味になっていて、教会稿と同じ構造であることがわかります。

タイトルRe^4: 名曲中の名曲、BWV36
記事No565
投稿日: 2006/12/11(Mon) 18:09
投稿者アンチリヒター
> 36cは、ある年配の学校の先生の誕生日を祝うもの、ということですので、全体の内容はぜんぜん異なっているようです。

私は、36cを、あえて聴いてみたいとは思いません
36cの歌詞をドイツ語と英語で見て、この歌詞なら、36cを聴いてみたいとは思わなかったからです。
私にとって、36番は、歌詞が魅力です。

タイトルRe^4: 名曲中の名曲、BWV36(しつもん)
記事No566
投稿日: 2006/12/11(Mon) 19:20
投稿者アンチリヒター
ところで、鈴木雅明のBWV36を探してるんですが、なかなか見つかりません。もしかして、ないんでしょうか。

タイトルRe^5: 名曲中の名曲、BWV36(しつもん)
記事No567
投稿日: 2006/12/11(Mon) 20:00
投稿者旅の者
> ところで、鈴木雅明のBWV36を探してるんですが、なかなか見つかりません。もしかして、ないんでしょうか。

 原曲の世俗カンタータが作曲されたのは、1725年ですが、最終的な教会稿が成立したのは、1931年、つまり、BWV36は、相当後期のカンタータということになります。
 BCJの全集は、今まだ1725年のコラール・カンタータが終わるかどうか、というところなので、(一部ソロ・カンタータを先行録音しているようですが)まだかなり待たないとならないようです。
(ただし、最晩年に最終稿が完成したBWV80をすでに録音していたりするので、ちょっと規準がわかりませんが。コープマンの場合は、最後がBWV80でした)

タイトルBWV36c/シュライアー指揮
記事No715
投稿日: 2007/03/09(Fri) 18:54
投稿者七つの灯火 < >
ペーター・シュライアー指揮の「世俗カンタータ集」輸入盤/8枚組を買いました
シュライアーの指揮は、彼の人間味が感じられ、好感持てます。もちろん、指揮うまいと思いました。

さて、上記に含まれている
BWV36cを訳してみたんですが、難しかったです(下記URL)。ニュアンスさえつかめない箇所もありました。
今回は、日本語訳を参考にしなかったので、きつかったです。英訳は、かなり参考になりましたが

間違いや、問題がある箇所が多いと思いますが、だいたい、こういう歌詞の作品だということで参考になるかと思いますので、興味がある方はご覧下さい

それから、端川哲堂さんは、日本語訳をお持ちとか
よかったら「まったく意味が間違っている」ところだけでいいですから、間違い訂正、ほかご意見頂けませんでしょうか。
とくに、第2曲の"Es steiget wie ein helles Licht"以降は意味が分かりませんでした
メール・アドレス記しておきますので、メールでも頂ければ幸いです
メールじゃなくてもいいですが
よろしくお願いします

http://homepage2.nifty.com/einstein/ubersetzung/bwv036c.html

タイトルRe: BWV36c/シュライアー指揮
記事No716
投稿日: 2007/03/10(Sat) 00:17
投稿者端川哲堂
> ペーター・シュライアー指揮の「世俗カンタータ集」輸入盤/8枚組を買いました

>
> さて、上記に含まれている
> BWV36cを訳してみたんですが、難しかったです(下記URL)。ニュアンスさえつかめない箇所もありました。

>
> それから、端川哲堂さんは、日本語訳をお持ちとか
> よかったら「まったく意味が間違っている」ところだけでいいですから、間違い訂正、ほかご意見頂けませんでしょうか。
> とくに、第2曲の"Es steiget wie ein helles Licht"以降は意味が分かりませんでした


この件に関し、投稿しようとしましたが、記事がどこかへ行ってわからなくなってしまいました。

七つの灯火さん
36cの日本語訳、長くなりますので、直接メールしておきました。
>
> http://homepage2.nifty.com/einstein/ubersetzung/bwv036c.html

タイトルRe^2: BWV36c/シュライアー指揮
記事No717
投稿日: 2007/03/10(Sat) 15:19
投稿者七つの灯火 < >
端川哲堂さんから、メールを頂き、BWV36cの日本語訳を入手しましたので検証してみました。。

私が、アップロードしたBWV36cの訳は、修正せずに、当分、そのままにしておきますので、それと見比べながら、以下をお読みになると、わかりやすいと思います。

・第1曲
第1曲のドイツ語は、それほど難しくはありません。ただ訳は難しかったです。問題の第3行目は、杉山好訳では「いな、とどまれ!願いを抱く心は遠きかなたに失せるべからず」です。うまいですね。

第4行目"Das Dankbarkeit und Pflicht zu seinem Lehrer zieht."の"Das"は、定冠詞ではなく関係代名詞です。私も、最初、定冠詞かと思って訳しましたが、それだと、どうも、ドイツ語として、しっくり来ないので、よく調べたところ"Dankbarkeit"と"Pflicht"は、いずれも女性名詞でした。したがって、"Das"は、その定冠詞ではなく関係代名詞だと気づきました。"Das"は中性名詞単数"Herz"を受け、

Das(心は) Dankbarkeit und Pflicht(感謝と義務を) zu seinem(心の) Lehrer(教師に) zieht.(引いていく)
「心をほだす感謝の念い恩師のもとに引きとどむるなれば。(杉山訳)」

・第2曲
第2曲はドイツ語も、レトリックも難しかったです。私の訳は、ニュアンスが間違ってます。
杉山訳をみても、完全にはニュアンスをつかめません。私は、杉山好氏の訳は好きなんですが、たしかに「高踏的な訳でわかりづらい」です。下記は、彼の分かりづらい訳の一つでしょうね。

濃(こま)やけき恩愛を感ぜし心は、
限りなき愉悦の湧き起こるがままに
小さきおのが満足のうちにはよく留まりえず、
希望の眼いよいよ広き展望を捉えゆくがゆえに。
さやけき光のごとく立ち昇りて光輝を増すは
神の聖殿のうちなる熱き祈りの念い(おもい)なり。
しかして、尊き師の君らの誉れこそ
かかる心の北極星にして、かしこに引かるる磁石のごとく
心の願いと憧れはそを目ざして引き出さるるなり。(杉山訳)

第2曲は第1曲を受けているようです。つまり、現在の感情の高ぶり、恩師への感謝と敬愛の表明、です。
杉山訳が難しいので、第2曲を金八先生風に脚色してみました。

「先生、わたし、チョー感動してる
喜びが、スゴイわいてくる
でも、なんかいまいちピンと来ない
だって、わたし、いま何を言っていいのか分かんない
ただ先生は、いま輝いてるってことは、わかる
だめな生徒も愛してくれたし。雲の上の人みたいに思えるよ
それって、教師の名誉って思うよ
その名誉ってのは、例えて言えば、お星様かな
そのお星さまに願ったり、あこがれたり! とにかく先生を愛したいよ」

第3曲
第2曲が、ドイツ語、レトリックともに難しかったのに、第3曲はあっさりしてます。この詞は、ピカンダーの作でしょうか。もしそうだとしたら彼の特徴が表れていると思います。彼の特徴は、私は《マタイ》しか知りませんが、レチタティーヴォで深く知性に訴え、考えさせ、アリアで一気に感情を吐露する。そのコントラストが際だっていると思います。イタリアオペラの影響でしょうね。
端川哲堂さんご指摘の通り、この第3曲と第7曲の歌詞が、BWV36に転用されてます。
第7曲は、エディット・マチスが熱唱してます。第7曲の中間部"Es schallet kraftig in der Brust,"の"schallet"と"kraftig"の間にパウゼが入るシュライアーの指揮もいいです。あと、第5曲もBWV36に転用されているようです。

長くなりそうなのでこの辺で、ひとまずまとめをいうと、この作は、とくに第1曲的が音楽的に素晴らしく、また、第2曲の歌詞も凝ってるし、音楽と歌詞がうまくかみ合ってるので、一度かそこら演奏しただけで眠らせるのは惜しかったんでしょうね。大作BWV36に、うまく転用できてると思いました。

タイトルRe^3: BWV36c/シュライアー指揮
記事No718
投稿日: 2007/03/11(Sun) 21:06
投稿者端川哲堂

>
> 「先生、わたし、チョー感動してる
> 喜びが、スゴイわいてくる
> でも、なんかいまいちピンと来ない
> だって、わたし、いま何を言っていいのか分かんない
> ただ先生は、いま輝いてるってことは、わかる
> だめな生徒も愛してくれたし。雲の上の人みたいに思えるよ
> それって、教師の名誉って思うよ
> その名誉ってのは、例えて言えば、お星様かな
> そのお星さまに願ったり、あこがれたり! とにかく先生を愛したいよ」
>

わたしはどちらかといえば、このような訳が好きですね。
これからもぜひまたお願いします。

タイトルRe^4: BWV36c/シュライアー指揮
記事No719
投稿日: 2007/03/11(Sun) 22:27
投稿者七つの灯火
>
> >
> > 「先生、わたし、チョー感動してる
> > 喜びが、スゴイわいてくる
> > でも、なんかいまいちピンと来ない
> > だって、わたし、いま何を言っていいのか分かんない
> > ただ先生は、いま輝いてるってことは、わかる
> > だめな生徒も愛してくれたし。雲の上の人みたいに思えるよ
> > それって、教師の名誉って思うよ
> > その名誉ってのは、例えて言えば、お星様かな
> > そのお星さまに願ったり、あこがれたり! とにかく先生を愛したいよ」
> >
>
> わたしはどちらかといえば、このような訳が好きですね。
> これからもぜひまたお願いします。

そうですか。
ホッとしました。

私はこの第2曲、シュライアーの歌唱を、杉山好氏訳を見ながら、何度聞いても、歌詞のニュアンスが伝わらなかったので、あえて、思い切って奇妙な訳をやってみました

「in zartlichem Empfinden(一行目)」の感情の高ぶりと「der teuren Lehrer Ruhm/教師という職の誉れ」という表現から「金八先生」を連想したのでした。