[リストへもどる]
一括表示
タイトルBWV114他
記事No492
投稿日: 2006/10/13(Fri) 00:46
投稿者旅の者
* 第17日曜のカンタータ

 BWV148、Skunjpさんおすすめのリヒター盤を聴いてみました。
 例の「谷川の鹿」のレチタティーボ、確かに相当気合が入っていて、これだと否が応でも「特別な音楽」に聴こえます。
 雰囲気満点の名演。

 「コラール・カンタータ」のBWV114は、最近よく登場するBCJ盤を聴いてみました。
 第2曲の、フルート・オブリガート付きのアリア、こんなに美しい音楽だったとは。
 即興性豊かなフルートが、ほんとうに涙がしたたるかのようで、心にしみ入ります。
 第3曲以後のフルート・パートの欠落が残念です。

 それにしても、BCJの「コラール・カンタータ」、ほんとうによいですね。
 きちっとした構成の曲は、特にぴったりだと思います。
 リリースも、ちょうど、コラール・カンタータ年巻(第2年巻)が、終了するころですね。年巻を、全部揃えてみたくなってきました。

タイトルRe: BWV114他
記事No493
投稿日: 2006/10/13(Fri) 07:50
投稿者Skunjp
>  「コラール・カンタータ」のBWV114は、最近よく登場するBCJ盤を聴いてみました。
>  第2曲の、フルート・オブリガート付きのアリア、こんなに美しい音楽だったとは。
>  即興性豊かなフルートが、ほんとうに涙がしたたるかのようで、心にしみ入ります。
>  第3曲以後のフルート・パートの欠落が残念です。
>
>  それにしても、BCJの「コラール・カンタータ」、ほんとうによいですね。
>  きちっとした構成の曲は、特にぴったりだと思います。
>  ちょうど、コラール・カンタータ年巻(第2年巻)が、終了するころですね。全部揃えてみたくなってきました。


良いでしょう。ご賛同いただいてうれしいです。最近のBCJは一皮もふた皮もむけています。従来の透明感と構築感に凄みが加わりました。

特に114番は名演です。中でも第2曲には深い感銘を受けました。

まず、曲自体が非常に優れています。(このアリアだけでカンタータ全体の半分くらいの演奏時間を占めています)。内容は、「涙の谷」をとぼとぼと歩む感じが身に迫るほど卓抜に表現されていますね。フルートがロンバルディア・リズムで上行するところなんて、まさによろめくような感じで…。

それが前田りり子さんのフルートでほぼ完璧に表現されています。桜田さんもひところに比べると表現に厚みが出てきました。(後は、もう一息の感情移入と音色の変化が欲しいですが…)

鈴木さんのアプローチは非常に深く、静謐で瞑想的で、さながら「幽玄」の趣さえあります。

これは日本的な感性だと思いますね。合唱もそうですが、ヨーロッパのベルカントではなくて、あくまで浅くサラリとした日本的な発声でまとめていますが、ひとつの方向性として、これはバロック演奏に適していると感じます。

もちろん、この辺が日本人には若干の近親憎悪的な感じで好悪を分けているのかもしれません。


…おっと、もう出かけなきゃ!