[リストへもどる]
一括表示
タイトルアリア集の楽しみ
記事No456
投稿日: 2006/09/22(Fri) 17:14
投稿者Skunjp
皆さん、キルヒシュラガーのことはご存じだと思います。

ウィーンで活躍しているメゾソプラノです。この人のバッハアリア集がとても素敵です。


私は以前PCMラジオからMDにエアチェックして通勤途中などで愛聴していたのですが、今回図書館でCDを借りてきてCD−Rに焼きました。そうしてスピーカーでちゃんと聴き直してみると、これは本当に素晴らしい演奏ですね。

内容はカンタータ84番、170番、42番など、他にはマタイ受難曲、クリスマスオラトリオなどからアルトの名アリアが抜粋して歌われています。


ただし、キルヒシュラガーの声質は、単純な美声ではありません。ちょっと聴きには、悪声とまではいわないまでも、どこか渋みの強い地ビールのような味わいがあり好悪を分けると思います。

しかし、よく聞き込むと、その苦みの混じった声に得も言われぬ魅力があり、たとえばゴーヤチャンプルに「にがうり」が欠かせないように、あるいは、新鮮なトロにおろしたての「わさび」が欠かせないように…(この辺やたら食べ物の比喩が多いのは、夕食前でお腹がすいているからなのですが)…、まあ、そんな感じで、結局、スモークドサーモンの味わいはあの苦みにあります…(まだ言ってる)。

このような極上の苦みの混じったキルヒシュラガーの声は大変強烈な力があり、違いのわかる大人の味というか、個性的でゴージャスな美声なのです。


そして、バックを付けるアンドレーア・マルコン指揮ヴェニス・バロック・オーケストラも、とても素晴らしいです。開放的でしかも練れた音楽をやります。ちょっとソロヴァイオリンのカルミニョーラが受難曲のオブリガートにしてはにやけている風な場面も一部ありますが、それ以外は非常に音楽的で、この指揮者で本格的なカンタータの演奏を聴きたいものだと思います。


さて、このように魅力的なアリア集は、キルヒシュラガーの当盤はじめ沢山あると思います。

先日も旅の者さんから、リリングのカンタータアリア集の話が出ましたし、コジェナーのバッハアリア集なども素晴らしいです。

私ももっと沢山アリア集を聴きたいと思っていますので、皆さんお気に入りのCDがありましたらぜひ教えてください。

タイトルRe: アリア集の楽しみ
記事No458
投稿日: 2006/09/22(Fri) 23:12
投稿者端川哲堂
> 皆さん、キルヒシュラガーのことはご存じだと思います。
>
> ウィーンで活躍しているメゾソプラノです。この人のバッハアリア集がとても素敵です。
>
>


はじめて聞く名前です。
CDをさがして、ぜひ聴いてみたいです。


>
> 私ももっと沢山アリア集を聴きたいと思っていますので、皆さんお気に入りのCDがありましたらぜひ教えてください。



わたしはオジェーのアリア集が好きです。「アーリーン・オジェー・ジンクト・バッハ」というタイトルで13曲入っています。
最近、かなりお徳用価格で再発売されているのをみかけました。

もうひとつ、ジュリアン・ベアードのソプラノで「バッハ・アリア・ウイズ・フルート」というアリア集があります。
ベアードは非常にソフトな声のソプラノで、「ハスキー・ヴォイス」といってもいいくらいです。聴いていて心地よい歌いかたをします。

このアリア集はカンタータのアリアのほか、マタイやイースター・オラトリオのアリア、さらに「アンナ・マグダレーナの音楽帖」のなかの「ビスト・デュ・バイ・ミール」(シュテルツェル作、これがまた結構いい曲)などが入っています。

タイトルRe^2: アリア集の楽しみ
記事No460
投稿日: 2006/09/23(Sat) 13:39
投稿者Skunjp
> もうひとつ、ジュリアン・ベアードのソプラノで「バッハ・アリア・ウイズ・フルート」というアリア集があります。
> ベアードは非常にソフトな声のソプラノで、「ハスキー・ヴォイス」といってもいいくらいです。聴いていて心地よい歌いかたをします。

端川さん、こんにちは。
ジュリアン・ベアードのアリア集ですね。ありがとうございます。
さっそく探してみます。
この人はリフキンの指揮で歌っていた人ですね。

タイトルRe: アリア集の楽しみ
記事No463
投稿日: 2006/09/25(Mon) 11:43
投稿者旅の者
 キルヒシュラーガーとコジェナーのものは、わたしも愛聴してます。
 2つとも、選曲、演奏ともに抜群の内容で、中には、
BWV74の短いアリア(コジェナー)や、
BWV83のコンチェルト風アリア(キルヒシュラーガー)
のように、どの全曲盤よりもよいのではないか、と思える演奏もあり、どなたにも自信をもってお奨めできます。

 これらの元祖?のバトルのものも、よいですね。
 こちらの方は、今となってはさすがに全曲盤にはかなわないかもしれませんが、なんいっても選曲がすばらしい。
(演奏も、もちろん十分に美しいです。美しすぎるくらい?)

 バトルは有名でしたので、以前からこのCDは持ってました。
 だから、わたしは、BWV140全曲さえ聴いたことがないときから、BWV197のあのワルツ風アリアや、BWV97、BWV30のアリアのすばらしさを知ってました。
 すべてこのCDのおかげ。

 バトルもキルヒシュラーガーも、Vnとのセットですが、
 つい先日、前から欲しいな、と思っていたオーボエがメインのものを、偶然入手しました。
 室内楽曲のオーボエ編曲版+アリア集という内容で、
 選曲もよく、オーボエの演奏もすばらしいのですが、
かんじんのソプラノが、わたしには少しせかせかしすぎていて、ちょっと残念でした。
(テーマ別投稿 No.327参照)

 先日ご紹介したリリングの精霊降臨節アリア集や、端川さんご紹介のオジェーのアリア集は、全集からの抜粋だと思いますが、ヘンスラーからは、他にも様々な抜粋盤がでているようです。
 リリングを聴きたいけれど、全集はちょっと・・・・、という方は、ぜひ。

 全曲盤からの抜粋では、
 シュライヤーとロッチュのものがすばらしいです。
 BWV1、BWV80他、名曲ばかり。(それと、BWV134のヴェンケルとのデュエットも)
 曲によっては、ちゃんと、レチタティーボ+アリアの形で収録されている点も評価できます。
(テーマ別投稿 No.46参照)

 テノールでは、他にボストリッジのものがよいですね。
 テノールの場合、テノール・カンタータが1曲あるので、どうしても、アリア集はその余白、ということになってしまいますが、
 このCDでは、BWV198の水晶宮のアリアなど、ため息が出るほどすばらしいです。
 ビオンディの伴奏も最高。もっとイタリア系指揮者にカンタータをやってほしい!

 以上、思いつくままに書いてきましたが、
こうして見ると、わたしの場合、バスのもの、フルート伴奏のものなど、あまり聴いたことがないようです。

 でも、なんだかんだ言って、自分でつくったマル秘アリア集が一番?

タイトルRe^2: アリア集の楽しみ
記事No465
投稿日: 2006/09/25(Mon) 14:24
投稿者Skunjp
>  これらの元祖?のバトルのものも、よいですね。
>  こちらの方は、今となってはさすがに全曲盤にはかなわないかもしれませんが、なんいっても選曲がすばらしい。
> (演奏も、もちろん十分に美しいです。美しすぎるくらい?)

旅の者さん、juncoopさん、有り難うございます。

バトルはjuncoopさんも推薦しておられましたね。実はバトルは大好きなソプラノで、最初に耳にしたのは、マゼールが指揮したマーラーの第四シンフォニーのソプラノソロでした。このように可憐でありながら異常なほどの都会的な洗練を示すソプラノは今まで聴いたことがなく、いっぺんに好きになりました。その後、バトルはオンブラマイフのコマーシャルで大ヒットし、一躍メジャーになりました。このアリア集の事は知っていましたが共演者に偏見があって手が出ませんでした。でも今度図書館で借りて録音するつもりです。ところで、バトルはあの後、メトロポリタンオペラからクビを言い渡されますね。何でもワガママが過ぎるとか…。ちょっと今でも信じられません(信じたくない)。

シュライアーとボストリッジのアリア集もインプットしました。

juncoopさん、マルコンはオルガニスト・チェンバリストでもあり、リリングのバッハ全集でオルガンを弾いています。でもあれは楽器が良くない気がします(…演奏は良いのですが)。それからカルミニョーラのバックでヴァイオリンソナタを録音していますが、これはカルミニョーラともども、とても良いですね。

タイトルRe^2: アリア集の楽しみ
記事No468
投稿日: 2006/09/25(Mon) 18:35
投稿者端川哲堂
>  キルヒシュラーガーとコジェナーのものは、わたしも愛聴してます
>
>  これらの元祖?のバトルのものも、よいですね。

バトルはうまいですし、ヴァイオリンのパールマンも名手でその演奏はわたしもすきですが、お二方ともバッハの演奏家ではないので、ちょっと深みに欠けるような気がします。まあ、聴いているときはそれなりに楽しいのですが。

>
>  バトルもキルヒシュラーガーも、Vnとのセットですが、
>  つい先日、前から欲しいな、と思っていたオーボエがメインのものを、偶然入手しました。
>  室内楽曲のオーボエ編曲版+アリア集という内容で、
>  選曲もよく、オーボエの演奏もすばらしいのですが、
> かんじんのソプラノが、わたしには少しせかせかしすぎていて、ちょっと残念でした。
> (テーマ別投稿 No.327参照)
>

オーボエのとの組み合わせのアリア集では、アメリンクのものがありました。ハン・デ・ヴリースというひとのオーボエと通奏低音のバックで歌った、15曲のアリア(教会カンタータ以外にBWV202、233、248からも)が収録されています。

タイトルRe^3: アリア集の楽しみ
記事No469
投稿日: 2006/09/25(Mon) 18:47
投稿者旅の者
> オーボエのとの組み合わせのアリア集では、アメリンクのものがありました。ハン・デ・ヴリースというひとのオーボエと通奏低音のバックで歌った、15曲のアリア(教会カンタータ以外にBWV202、233、248からも)が収録されています。

 このアメリンクのものと、先日ご紹介いただいたオジェーのものの収録曲を教えていただけると、ありがたいのですが。

 BWV番号だけでけっこうです。

 *  *  *

(つけたし)

 すみません。アメリンクのは、葛の葉さんの表にでていました。
 オジェーのものだけ、お願いいたします。

タイトルRe^4: アリア集の楽しみ
記事No471
投稿日: 2006/09/25(Mon) 19:06
投稿者端川哲堂

>
>  このアメリンクのものと、先日ご紹介いただいたオジェーのものの収録曲を教えていただけると、ありがたいのですが。
>
>  BWV番号だけでけっこうです。

アメリンクのものは、
BWV93、177、94、202、144、89、21、248、187、199、98、1、75、74、233
から以上15曲

オジェーのものは、
BWV68、115、84、199(第4曲)、105、183、49、92、36、80、57、127、199(第8曲)
から以上13曲

となっています(いずれもCDのトラックナンバー順)。

タイトルRe^5: アリア集の楽しみ
記事No474
投稿日: 2006/09/26(Tue) 14:10
投稿者Skunjp
> アメリンクのものは、
> BWV93、177、94、202、144、89、21、248、187、199、98、1、75、74、233
> から以上15曲

忘れていました。アメリンクも良いですね。ちょっと歳をとりましたが、音楽の味わいは深くなっています。それにハン・デ・ブリースのオーボエ、オーボエダモーレ、オーボエダカッチャが素晴らしく巧いですね。選曲も良く、素敵なアリア集だと思います。

しかし、アリア集で聞き覚えたアリアがカンタータの中で出てくると、知らない土地でいきなり旧友に出くわすようで、なつかしくもスリリングな体験ですね。

タイトルRe^5: アリア集の楽しみ
記事No475
投稿日: 2006/09/26(Tue) 17:19
投稿者旅の者
 端川さん、ありがとうございます。

 Skunjpさんもおっしゃってますが、どちらも良い選曲で、わたしもほしくなりました。

 しかも、オジェーのには、BWV127まではいってます。(感涙)
 
 この種のアリア集は、短編小説のアンソロジーと同じで、選曲者の気持ちみたいなものまで伝わってくるような気がします。
 コジェナーやキルヒシュラーガーのものも、すばらしいんですが、どうしても、受難曲やミサなどのウエイトが大きくなっています。
 まあ、そうしないと売れないんでしょうが、わたしなどからすると、ちょっと欲求不満です。

タイトルRe^6: アリア集の楽しみ
記事No484
投稿日: 2006/09/29(Fri) 21:50
投稿者Skunjp
たった今、バトルとパールマンのアリア集を聞きました。

これは「バトルのアリア集」ではなく、まさに「バトルとパールマンのアリア集」になっています。

今まで、脂っこいバイオリン協奏曲(EMI)の印象がぬぐえず、どうしても手が出なかったCDですが、図書館のおかげで気安く手に取ることができました。

聴いてみれば、何という不覚!今までこれを聴いてこなかったことが悔やまれます。

パールマンのヴァイオリンは「うますぎ」ですが、本当にうまいオブリガートヴァイオリンで聴くと、アリアも真の意味で光り輝く感じがしました。

バトルがいつものシルキーでクリーミーな声で聴かせる歌の数々は、彼女の手練手管が見えすぎることもなく、非常に芸術的密度の高い出来になっています。これはバッハの音楽故のことだと思います。

このCDのことを教えてくださった旅の者さんほか、皆さんに感謝します。またひとつ宝物が増えました。

タイトルRe^6: アリア集の楽しみ
記事No485
投稿日: 2006/10/01(Sun) 13:24
投稿者端川哲堂

>
>  しかも、オジェーのには、BWV127まではいってます。(感涙)
>  

オジェーといえば、もうひとつアリア集がありました。「バッハ、ヘンデル アリア集」というタイトルのものです。

これにはバッハから、
BWV209(第3曲)、「ビスト・デュ・バイ・ミール」(シュテルツェル作)、202(第1曲)、202(第7曲)、244(第8曲)、244(第13曲) の6曲と、
ヘンデルからオペラとオラトリオのアリア8曲
が収録されています。

バッハの教会カンタータのアリアが1曲も入っていないので、おすすめ、というわけではなく、こんなのもある、という紹介です。

とはいっても、オジェーの歌はいつものことながら、すばらしく、ヘンデルのアリアも聴き応えがあります。

リリングのカンタータから抜粋したアリア集のCDでは、若いころのオジェーの写真が使われていました。ちょっとヤンキーな感じで、振り返って笑っている写真です。

上記では、すっかり大歌手になって、貫禄のついた写真がCDをかざっています。

ちなみにこのCDでの共演オケは、モストリー・モーツァルト・オーケストラ、指揮はジェラード・シュヴァーツというひとです。