[リストへもどる]
一括表示
タイトルカンタータ186番〜黄金バット
記事No320
投稿日: 2006/08/03(Thu) 17:15
投稿者Skunjp
最近、胸が痛くなるような子どもの事件、事故が相次ぎ、心がふさいでいました。

先日も、例のプール事故と福島の児童虐待(ドッグフードまで食べていた!)の報道を、お昼休みに会社のTVで見て涙が出ました。その後、休憩室でひとりヘッドホンでバッハの平均律を聴きました。すると、心の底にオリのように溜まっていた悲しみが、音楽に乗せて洗い流されるようで、ずいぶん心が軽くなりました。

バッハの癒し効果って本当にすごいです!

福島の男の子(私の三男と同じ名前です)も、いつかバッハを聴いて沢山慰められて欲しいと切に思いました。

私自身も両親が離婚したりで、子どもの頃はあまり幸せではありませんでしたが、バッハの音楽で本当に慰められました。バッハの音楽がなかったら今の私はありません…


さて、カンタータの話題です。実はここ数日ひそかに186番「おお 魂よ、憤ってはなりません」を聴いておりました。

このカンタータの感想を書こうとすると、葛の葉さんのサイトの記述とあまりに違ってくるので、若干二の足を踏んでいました。 (^_^;)…しかし思い切って書きます。これは結構、良い曲ではないでしょうか?

特に第一曲。まず分散和音の通奏低音が切々とした悲しみを表現していて素晴らしいです。分散和音の通奏低音は、ヘンデルが甘い音楽を書くときによく使いましたが、バッハのは根本的に違います。もっと毅然とした音楽になっています。

それから、減7、増5度の音程で合唱がすべるように入ってくる辺りも、背筋がゾクゾクするほど美しいです。でも、この美しすぎる第一曲はあっという間に終わって、バスのレチタティーヴォになります。

この後のバスアリアも短い感じがします。というかこのカンタータに4曲あるアリアはすべて短く、長いものでも3分台で終わっています(鈴木盤では)。

ですから、曲の内容を充分に展開しつくしたという感じが薄く、気を付けて聴いていないとアッという間に終わってしまいます。この辺が不人気の理由かなとも思います。もっとも葛の葉さんの場合、酷暑の時期に聴かれたということも評価に影響しているんでしょう。(…やっぱり暑いとねー (^_^;)

とはいえ、第10曲のデュエットは、葛の葉さんも書いておられる通り、短いながらも結構、音楽的に充実していると思います。それから第一部と第2部の終わりにあるコラール合唱も美しく気の利いた曲です。


ついでに書いておくと、ビックリするのは第3曲のバスアリアです。

第2曲のレチタティーヴォでは 「ああ、主よ、どれだけ長くわたしを忘れているのですか?」という嘆きを受けて、第3曲のバスアリアが「あなたは私を救ってくださる方」と歌うのですが、この出だし(タッタ・ターの部分)がいかにも「正義の味方、黄金バット登場!」という感じで、一瞬、顔が笑っちゃうんです。(…おっと、笑っちゃいけない (^_^;)

まあ、これは演奏(鈴木さん)のせいかもしれませんが、でもこの盤は合唱とオケのピッチが純粋なので透明な悲しみが良く出てると思います。

あと、コープマンとリリングを持っていますが、これはまたいつか聴いてみましょう。

タイトルRe: カンタータ186番〜黄金バット
記事No322
投稿日: 2006/08/03(Thu) 21:13
投稿者葛の葉
> このカンタータの感想を書こうとすると、葛の葉さんのサイトの記述とあまりに違ってくるので、若干二の足を踏んでいました。 (^_^;)…しかし思い切って書きます。これは結構、良い曲ではないでしょうか?

全然気になさる必要はありませんよ。
あの頃は、知らない者の強みで、好きなことをいくらでも書けました。
見当外れでも何でも良い、とにかく今の自分が感じることを正直に書こうという態度でした。
それは今も変わりませんが、感じることがだんだん複雑になってしまって、かえって書けなくなってしまったみたいです。

よく「葛の葉さんの解説」なんて言われると、大変こそばゆい思いをします。
このサイトで心がけていることは、たとえば「バッハ事典」を読めば分かるようなことは絶対に書くまいと言うことです。
そう思いながら、ほとんどカンタータのことを知らない人にも読んでもらう都合上(もともとクラシックのニュースグループ内での連載でしたから)、最低限の解説を付けておく方が親切かなと思い、解説的な記事も増えましたが、それはあくまでもおまけなのです。

ですから、5年ほど前に書いたことが引き合いに出されると、ギクっとしますが、でもその時に自分はそう感じたという事実は大事にしたいと思います。

タイトルRe: カンタータ186番〜黄金バット
記事No323
投稿日: 2006/08/03(Thu) 22:25
投稿者葛の葉
> この出だし(タッタ・ターの部分)がいかにも「正義の味方、黄金バット登場!」という感じで、一瞬、顔が笑っちゃうんです。

同じようなことは私もありますよ。
70番の冒頭合唱曲。
トランペットが勇ましくパッパカパッパッパーと鳴るんですが、
思わず「ハイヨー、シルバー」*と叫びそうになってしまいました。
(特にコープマンの演奏はテンポが速くて、あれなら運動会の音楽にも使えそうです。)

*「ローン・レンジャー」という昔のテレビ番組で、主人公が馬を駆って登場、愛馬に「ハイヨー、シルバー」と呼びかけるシーン。
番組ではロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」が使われていました。

タイトル136番はセゾクの匂い?
記事No326
投稿日: 2006/08/04(Fri) 17:58
投稿者Skunjp
> *「ローン・レンジャー」という昔のテレビ番組で、主人公が馬を駆って登場、愛馬に「ハイヨー、シルバー」と呼びかけるシーン。
> 番組ではロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」が使われていました。


なつかしいですねー。「ハイヨー、シルバー」。

この番組ですが、内容等はすっかり忘れているのに、あの音楽と登場の場面だけは鮮烈に覚えています。…それから子供心に「ハイヨー」とはどんな意味なのかなー、という疑問がずっとありました。単なるかけ声なんですね。



ところで、今朝は136番を聴きました。

「神よ、わたしを究め、わたしの心を知ってください」という歌詞の内容は、「私の心に間違った思いがあったら悔い改めへと導いてください」という、本来は厳粛なものです。

しかし第一曲の喜びにはじけるような音楽は何でしょう?

魅力的な音楽ですが、どうも私には歌詞と音楽がミスマッチのような気がしてなりません。どこか世俗カンタータの匂いもしますが、案の定、調べてみると世俗カンタータからの転用の可能性があるようですね。