[リストへもどる]
一括表示
タイトル始まりの4曲(やりなおし)
記事No235
投稿日: 2006/06/25(Sun) 14:37
投稿者旅の者
 ごめんなさい。ちゃんとやりなおしました。あー、恥ずかしい。

 「コラールカンタータ年巻」を、順番に聴き進めていくと、不思議なことに気づきます。
 まあ、よく知られていることではありますけれど、冒頭合唱のコラール定旋律を歌う声部が、段々と下がってくるのです。

 はじめのBWV20では、いつものようにSでしたが、BWV2ではA、BWV7ではついにTになります。
(今年は暦の関係で、1日ちがいでAとTが逆になってしまいました。来週のBWV135はもちろんBです)

 BWV7、定旋律がテノールで、まるで、ルネッサンスのミサのようですが、この曲は最新のコンツェルト、しかも情景描写。
 ヨルダン川の壮大な情景です。
(バッハは、けっこう川とか湖の描写を得意としていて、好きなようです)
 古様式なのはむしろ、BWV2や135の方で、こうしてみると、実にバラエティに富んでいます。

 くわしくは書けませんが、この4曲には、他にもいろいろと関連したしかけがありますので、みなさん、お聴きになって探してみてください。

 これらの様々な試みは、Skunjpさんにご紹介いただいたBWV20冒頭の序曲と同じく、
バッハが「コラールカンタータ年巻」の作成に着手した決意の現われだと言われていますが、はたしてどうでしょうか。

 この4曲の「序章」の次には、
コラールカンタータのはじめの最高峰、BWV10、93が、いきなり登場します。
 この2曲は、バッハ自身もお気に入りで、最晩年のシュプラーコラール集への編曲でも有名です。

タイトル始まりの2曲
記事No825
投稿日: 2007/06/21(Thu) 14:45
投稿者旅の者
 第2年巻(コラールカンタータ年間)の始まりは、
 BWV20、2、7、135でしたが、
 第1年巻の始まりは、BWV75、76です。


 何と言ってもライプツィヒのデビューですから、相当気合が入っていたようで、異例の大作ですが、
 表の掲示板でSkunjpさんがおしゃっておられるように、
 第2年巻の各曲と比べると、多少散漫な気もします。

 第1年巻、第2年巻とも、気合満点なのですが、
 聴衆へのアピールを念頭においたある意味外的な意欲と、コラールカンタータを極めていこうという内的な意欲の差があるのかもしれませんね。

 BWV75、76は、どちらも、「14」曲からなります。
 これは、バッハの「自己紹介」とも言われてますが、そのために、わざわざこんなに長くしたのでしょうか。

 でも、続けて聴くと、確かにちょっと長いですが、
 なかなかよい曲もあり、傑作ではあります。

タイトルRe: 始まりの2曲
記事No826
投稿日: 2007/06/22(Fri) 09:40
投稿者Skunjp
>  BWV75、76は、どちらも、「14」曲からなります。
>  これは、バッハの「自己紹介」とも言われてますが、そのために、わざわざこんなに長くしたのでしょうか。
>  でも、続けて聴くと、確かにちょっと長いですが、
>  なかなかよい曲もあり、傑作ではあります。


何ともなつかしい投稿を読ませていただきました。

両曲は少々長いですが、おっしゃるとおり傑作だと思います。特に76番は素晴らしい。前からお気に入りでした。今朝久しぶりに聴きいて、第一曲からとても楽しみました。あの合唱フーガの素晴らしさ。これはプレリュードとフーガになっているんですね。

それからの例のホフシュテッターですが、これは絶対パクリだと思います。「ミーファ、ソミドー」(第3曲ソプラノアリア)のテーマが同じなわけですから。しかし、当時は他人のメロディーを自分の曲に入れるのは盗作ではなく敬意の表れであったので責めるわけにはいきません。…ここを聴くと何となくこそばゆい気もするのですが。(音楽はバッハの方が格段に上です)

タイトルRe^2: 始まりの2曲
記事No827
投稿日: 2007/06/22(Fri) 12:33
投稿者旅の者
 昨日からおっしゃってる「ホフシュテッター」の意味がわからずに、調べてみたら、

 ホフシュテッターの「ハイドンのセレナーデ」

 などと書いてあり、ますます????

 でも、なんとなく事情がわかってきました。(笑)

 しかし、
 どちらが有名かと言うと、カンタータより、
 ホフシュテッターの「ハイドンのセレナーデ」の方が、圧倒的に有名ですね。

 この人は、ハイドンの大ファンのお坊さんだったそうですね。
 何だかすごい話です。